学芸会で存在感ゼロでした。

子どもたちの小学校では、秋シーズンは、芸術の秋ということで、絵画展や学芸会などが催されています。

学校内の廊下に張り出された絵や、ディスプレイされた作品を観覧することができます。

また学芸会では、各学年それぞれの音楽劇や合唱などが公演されます。

毎年のことながら・・・・長男がもらってくる「役」は、本当にショボいです(涙)

4年生にもなると、長いセリフを堂々と言う場面が結構あり、見ごたえ抜群なのですが、長男は、ほぼセリフゼロで、舞台の後ろの方で、その他大勢のエキストラ状態でちょろっと出る程度でした。



3年生のときまでは、校内オーディションに色々受けて落ちまくって、最終的に、「ほぼエキストラ」役に落ち着いていたのですが、今年は、自分にはこの方面での才能はない、と悟ったのか、今年は第一志望のナレーター役のオーディションを受けて、落ちて、その後は潔くあきらめて、「セリフがない役」を志願して落ち着いついたそうです・・・。

「セリフ覚えなくていいから、ラクだよ!」

と言ってました。

可哀想に・・・・長男がやりたかったナレーター役は、サピ・アルファっ子の男児が立派に務められていました。

長男には、

「運動会で目立てる子、学芸会で目立てる子、それぞれなんだよ。

アナタは、運動会では学校内の注目を一身に集めて目立てるのだから、学芸会は、学芸会で輝ける子に譲ってあげなさい。

運動会で、毎年リレー選手に選ばれている〇〇くんだって、学芸会では、アナタと同じグループの役回りだったじゃないの。

学校行事には色々あって、それぞれ違ったメンバーが、それぞれの得意分野で輝くことがよいのよ。」

と言いました。



秋は、区のPTA連合会(?)主催の運動会があります。

小学校別の対抗種目があり、何気に白熱します。

長男は、小学校代表で、とある種目に出場できることになりましたので、そちらで頑張ってもらいたいと思います。

それにしても。。。あの学芸会の長男の役回りは、セリフゼロで、本当に地味でした・・(涙)

次男くんの学年は、和気あいあい、合唱をしていました。

輪唱が美しくハモっていて、素晴らしかったです。

私も中高時代は合唱部(聖歌隊)に入っていたので、合唱、大好き。次男が合唱の楽しさを感じてくれていたら嬉しいです。



☆楽天でお買い物をするときに、必ずハピタスを経由して、1%ポイントを貯めてます♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ