スマホとゲームは中学生になってから、と決めてます。

小4長男のクラスメイトには、ぼちぼちスマホを持ち始めたお子さまがいます。

ゲームもちらほら。

たまに、「僕も欲しい!」「○○くんは、ゲーム大好きだけど、サピックスのアルファクラスだよ」と言われたことがありますが、そのたびに、私からビシッと

「スマホは、中学の入学祝いに買ってあげる。

ゲームも中学生になってからね」

「いまからスマホいじっていたら、メガネちゃんになって、偏差値10落ちるよ!」

と言ってます。



テレビゲームの類いは、触れ始めた年齢が低いほど、どっぷりはまってしまう率が高いそうです。

ゲーム暴露年齢と、中毒症状には、相関関係があると思います。

小学校時代に、スマホやネット、ゲーム以外に、スポーツなどの楽しみをしっかり見つけて楽しんだことがあるお子さんは、体を壊すほどゲームにはまったり、ゲームだけに逃げ込むリスクは、低いと思います。

中学生以降も、引き続きスマホやゲームを否定するような禁欲的な育て方をすると、思春期以降の反発と反動が怖いので、ほどほどがよいです。

スマホとゲームは中学生になったらね、と言い聞かせて、いまのところスマホフリーの生活を送ってます。



☆楽天でお買い物をするときに、必ずハピタスを経由して、1%ポイントを貯めてます♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ