小5の勉強量の多さに圧倒。先取りは必要だと思いました。

小4長男。

小3終わりごろから、予習シリーズ算数4年生を繰り返し解きはじめました。

あまり繰り返し過ぎて、マンネリ化してきたので、進学クラブ(四谷大塚の通信教育)で出題範囲になっている週ごとの単元をゆるやかに意識しつつ、今月から、小5の予習シリーズも始めました。

まず最初は、簡単な基本問題の部分から、どんどん進んでます。

全体をさらってから、応用問題にいったほうがよいと思っています。

基本問題といえども、小5算数は、かなり国語の問題に近いといいますか、読解力、問題文を読み解く力が求められるな、と思いました。



小4レベルの知識でも、意外とすいすい行かれる単元もありますが、売買損益算などは、ちょっと難しいな?と思います。

野球大好きな長男に、夫は、すべて、野球の打率に言い換えて教えています(汗)

1割5分ってことは、筒香が100回打席、立った場合・・・

など。

売買損益の話をしているのであって、プロ野球の話ではないでしょう・・と思いつつ、長男は、それが腑に落ちる説明なので、「なるほどー! いや、俺はそんなに打率は低くない!」と脱線しています。



基本問題だけでもそれなりにボリュームがあるので、これを応用問題、復習問題まで手を伸ばしつつ、毎週1単元ずつ進んでいくと、必ず取りこぼしや弱点分野が出てきてしまうなぁ。。と思いました。

我が家は、年末までには、小5算数(上巻)の基本問題を3回回して、1月からは応用問題にも手を伸ばしてみようと思います。

小5の新学期(塾では2月スタート!)から、よーいドン!と初見でバリバリこのボリュームと難易度についていくのは、そりゃぁ無理だわ、と。

いずれにせよ、小5受験算数は、小4算数の取りこぼしがあると、全く太刀打ちできません。

たとえ式が立てられても、計算の過程でミスが出て、正解までは行きつかない厳しい世界だということが分かりました涙

家庭学習で算数、理科、社会をぐるぐる回しつつ、国語はプロにお任せしようと腹をくくるこの頃です。

☆夏場は、洗顔後、しっとり系の化粧水だけつけてますが、冬場はちふれのスクワランオイルをつけてます。化粧水後、2プッシュくらい。これが使い終わる頃には、春シーズンがきます☆

☆通年でUVクリームを化粧下地として使ってます☆



☆楽天でお買い物をするときに、必ずハピタスを経由して、1%ポイントを貯めてます♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ