【小4国語】私も毎週四谷大塚週テストを解いてます。

我が家の長男(小4)は、理科実験教室と国語専科塾に通いつつ、それ以外の科目は、家庭学習で中学受験勉強を進めています。

理科、社会は、完全に家庭学習は可能。
塾に通う必要はないな、と思います。

算数も、予習シリーズのテキストが素晴らしくよく出来てますので、親子で繰り返し解いて、週テストではまずまずの出来栄え。

週テストは通信教育(進学クラブ)を利用して、自宅で受けています。

解き終わったら、答案用紙をスマホのカメラで撮影して、返信用封筒に入れた後、親子で解きなおししています。

算数は、間違ったところだけを解きなおし。

国語は、まずは私がすべて解きなおして、正解を把握した上で、親子で長文読解問題の長文を「音読」しています。



読解力の弱い長男は、やはり音読が雑で、細かいニュアンス、文意を読み落としている印象があります(汗)

親子で、まず長文を音読して、その後に問題を丁寧に解いていくと、長男はだいたい正解できます。

正解できない場合は、ここのパラグラフを読んでごらん?

ここのパラグラフってどういう意味だろう?

と質問していくと、「あ!そっか!」と閃きます。

受験国語は、あまりテクニックに走らず、文章をしっかりと理解して、文中から答えを探していく、自分の想像で「こうだろう」と勝手に選択肢を選ばないことに徹していると、きちんと正解にたどり着ける、と思ってます。

10月から進学クラブに入ったので、今日で4回目のテストですが、親としても、素材となっている長文を読むのは楽しく、良文がそろっています。



塾任せにせず、自分が子どもの国語の問題を解く! 長男と伴走しながら、長男がもう少し国語を好きになってもらえたら、と思います。

算数も国語も、週テストを受けたその日のうちに(記憶が新鮮なうちに)親子で復習、解きなおしをしたいのですが、復習ナビが配信されるのが1週間後で、そこまで待てません。

実際、長男の国語の問題を解き始めてみると、解答がなくても、ちゃんと自分で満点を取れます(汗)

私は国立文系ですので、センター試験でも国語が受験科目でしたし、2次試験でも国語が受験科目でした。18歳のときの成績を自慢する気もないのですが、センター試験は、英国算理社すべて、ほぼ満点でしたので、中学受験国語など恐るなかれ、です。

私は、受験国語もけっこう、イケる!

と昔取った杵柄に助けられているオバサン(自分・汗)です。

がんばります。



☆楽天でお買い物をするときに、必ずハピタスを経由して、1%ポイントを貯めてます♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ