我が老母は、この台風の中、仕事をしています。

今日は、家の外には一歩も出ず、NHKの台風情報をつけっぱなしにしながら、家族4人で自宅に籠りました。

マンションの正面玄関は、お昼過ぎ、水が吹き込んでこないように、完全封鎖されました。

地下の駐車場も出し入れをストップして、シャッターが閉まりました。

もう自宅に籠るしかないです。

マンションは2重サッシの窓を閉めてしまうと、驚くほど、風の音や揺れを感じず、むしろちょっとそれが危険なくらいです。

電気ガスが通っている間に、できる家事はさっさと片づけ、明日のご飯を2合炊いて、お風呂に16時過ぎに入って、もう勉強以外、やることがない感じ。

ちょっと詰め込みすぎたかな?というくらい、長男と断続的に勉強をしながら過ごしました。



次男は、アルゴクラブでもらったマスマジシャンやアルゴゲームをお父さんとやったり、勉強に飽きた長男と室内野球をしたり。テレビをダラダラみていました。

家族4人が家にいると、洗い物、ゴミが絶えず出て、拾って捨てて、洗って片づけてしまって・・・の繰り返しで、ちょっとだけ疲れました。

家族4人、家にいられるだけでも幸せなんですが、家の中の閉じこもることとは、こういうことか・・・!と、改めて思いました。

仕事大好き人間の我が母は・・・この台風の中、なんと働いています(驚)

週2回程度、パートタイムで通っているグループホームに、昨日から3日間泊まり込んでいるとのこと・・・(!)  今日電話で話して、そのことを知りました。

グループホームには、看護師資格を持った方を一定数配置しなければなりませんが、若いスタッフさんは、出勤できないそうです。



子どもが全員独立して身軽な実母が、台風が来る前からグループホームに行き、泊まり込むことにしたそうです。

本当に、看護は実母の天職で、人を助けることが、実母の生きがいなのだ、と思いました。

グループホームは、高台にあって、しっかりした建物(かなり高級なグループホームです💦 一部上場企業の元役員さんなどが入居されています)なので、一応は、安心です。

人手不足の時代に合って、70歳を超えても、看護師として働いている実母は、本当に地域の福祉・医療に貢献していると思います。

自宅で、実父が一人で籠っているそうですが、実母曰く、

「お惣菜とか、食料をたくさん冷蔵庫に詰め込んできたら、あとは一人で引っ張り出して、食べて頂戴って言ってきたわ。大丈夫よ、お父さんは。」

とのことでした(苦笑)

はい、私も実父のことはあまり心配していません。

実母が、無事に、グループホームでの仕事を終えることができますように・・・実母に念を送って、お香を焚きました。



☆楽天でお買い物をするときに、必ずハピタスを経由して、1%ポイントを貯めてます♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ