慶應普通部の労作展に出かけてきました。

今日は、9-10時に開成中学の文化祭を覗いた後、湘南新宿ラインに乗って、城北エリアから一気に武蔵小杉駅に向かいました。

武蔵小杉駅構内で讃岐うどんを食べて、腹ごしらえした後は、東横線に乗って2駅、日吉駅に移動しました。

日吉駅から歩いて、慶應義塾普通部(中学・男子校)の労作展に行ってきました。

校舎は数年前に建て替えられたらしく、午前中にお邪魔した開成中学(※数年後に全面改修予定だそうです。)の古い校舎に比べて、とてもきれい~。



労作展は、いわゆるお祭り要素のある文化祭とは異なって、生徒さんたちが夏休み中に、自由課題研究に打ち込んだ、その「労作」をクラスごとに展示する、というもの。

クラスには、パリっとノリのきいたテーブルリネンが敷かれた机の上に、作品が展示されていました。

芸術的なもの、工学的なもの、歴史を極めたものなど、それぞれのレベルが素晴らしく、作品の制作記録として、写真と説明入りのノートも丁寧にまとめられていて、さながら、大学のリベラルアーツのような雰囲気でした。

来場者のお母さま方のファッションは、お受験ルックのようなネイビーのワンピースやスカート姿が大きく、慶應らしさが、こういう文化行事を通して、再生産されているような気がいたしました。

ブラブラと労作展を見て回った後は、12時から、野球グラウンドで、青山学院中等部との招待試合を見に行きました。

山手線内の都市型キャンパスと違って、神奈川県港北区の雰囲気はゆったりとしていて、キャンパスも広々。

大学受験を気にせずに、のびのびと、こんな素晴らしい環境で10代を過ごし、アカデミックな興味関心を深堀していったら、その後の人生も、豊かなものになりそうです。

長男は、野球部の練習をみて、色々と感じるところがあったようでした。

12時半まで野球風景を眺めて、帰宅しました。

家についたのが13時30分。

少し休憩をして、午後は、みっちり家庭学習をして、有意義な日曜日になりました。

☆東大パパによる、息子の中学受験日記☆
家庭学習をメインに、大手塾に振り回されない中学受験勉強を進められました。我が家も参考にしています。



☆楽天でお買い物をするときに、必ずハピタスを経由して、1%ポイントを貯めてます♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ