書きかけの読書感想文。夕食後に30分で書き上げました。

夏休み最初の方に、長男はノリノリで読書感想文を書き始めましたが、原稿用紙1枚目の半分まで書いて、放置していました。

あれから1ヶ月余り。

来週から新学期です💦

さすがにヤバいと思ったのか、昨晩の夕食後に、読書感想文を書き始めました。

「おかーさん、隣に座って!」

と言い、学校から配られた

「読書感想文の書き方例」

に習って、そのままの例(型)に従って、書きました。

「おかーさん、次に何書けばいい?」

といい、私が長男と雑談しながら、書く中身を決めて、文語体で一文一文、私が声に出しました。

長男は、それを、そのまま書き取り、原稿用紙ちょうど二枚におさまりました!!



やり始めたら、速かったです。

もう時間がないので、あーだこーだ言わず、妥協点を見いだしながら

「よし、それでいこう!」

連発☀️😵💦

読書感想文、人に伝えようとする文章は、ある一定の型が必要です。

☑️ 本や著者の紹介。

☑️ その本が書かれた時代背景。

☑️ 自分がその本を選んだ理由。

☑️ 本のあらすじ。

☑️ 自分が特に心を留めた箇所と、その理由。

☑️ 自分の経験に引き付けて、エピソードを一つ二つ。

☑️まとめ。←公立小学校っぽく、イイコチャンモード全開で可。本心を開陳する必要なし!開陳してもよいですが。ユニークなまとめは必要ありません。

次男の読書感想文も、仕上がりました✨✨

書き方もしらない、書いたこともない子どもに、「あなたの好きなように書けばいいよ」と突き放すのは、私の流儀ではありません。まずは、型を身につけて、そこからその子なりの個性が出てきます。夏休みの宿題は、親子でサクッと終わらせればよいと思ってます。



☆楽天でお買い物をするときに、必ずハピタスを経由して、1%ポイントを貯めてます♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ