小4母が痛感!「保育園時代までは、習い事は最大2つまでで十分」

長男が小4となり、それまで、子どもにかけたお金などを振り返り、また保育園時代のクラスメイトさんたちの習い事事情と、その後の効果検証などを脳内でしてみたところ・・・

やっぱり、保育園時代は、習い事は最大2つまでで十分だ!!

と思います。

早く始めた方が良い習い事としては、ピアノやバイオリン、バレエなどの芸術系があります。

芸術系の習い事については、小学校入学を待たずに、本人が嫌がらないのであれば、4歳、5歳のうちから始めるのがよいと思います。

これについてはぜひ!!お勧めしたいと思います。

(ちなみに、我が家の子供たちは、芸術方面の才能はゼロで、本人たちも超絶嫌がって、挫折しました。こういう方面には興味が向かないのね、ということがわかっただけでも良かったです・汗)



残りの「1枠」については、知育系、体育系のうち、どちらかをお選びになればいいのではないかなと思います。

ただし。。。体育系の習い事の場合、本人に「才能の片りん」が見えて、さらに伸ばしたいというポジティブな動機から取り組ませることがベストだと思います。

運動が苦手なお子様が、週1回程度、体操クラブに通ったところで、別に何の上達もありませんし、そもそも未就学児の時点で、運動が苦手ということは、0-3歳まで、親子で外で思い切り体を動かす習慣が少なかったことに起因することも大きいので、なおさら、毎月1万円程度支払って、運動系の習い事に通わせることのリターンが、期待できない場合が多いです。

年間12万円の習い事代の支出をするのであれば、「苦手克服」よりも、その子の才能を見出すための「知育方面」で何かを探した方がよいような気がいたします。



我が家の場合は、年中さんから「花〇学習会」に通わせました。

ブロック遊び、推理・論理、図形など、多分野のプリント学習や実践などがあり、本人たちは楽しんでいました。

毎週土曜日朝の送り・待機・お迎えは辛かったですが、長男2年間、次男2年間お世話になって、本当に良かったなと思います。

毎朝の家庭学習の習慣も付きました!

お子さまが小学生、中学生になると、塾や模試などのお金がかさみますので、小学校に入る前くらいは、習い事を1-2個に抑えつつ、貯金に回した方がよい、と痛感しています。

☆土日は習い事を親子ではしごして忙しく、その合間にファミレスやファーストフードで軽く食事を済ませるーーーこれは、本当にもったいない!!と思います。
習い事は大切ですが、そもそも食生活や生活時間が乱れている子は、後伸びしないです。



☆楽天でお買い物をするときに、必ずハピタスを経由して、1%ポイントを貯めてます♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ