夏休みも後半突入。家庭学習を順調に進める秘訣。

今日は12日ということで、夏休みも後半に入りました。

我が家の長男は、まだ4年生ですので、全く切羽詰まっていませんが、それでも、夏休み中にこれだけは取り組もうと思っていた家庭学習計画があります。

いまのところ、順調に進んでいます。

計画どおりに進められている秘訣は、

1)そもそもあまり細かい計画を立てていないこと

2)1日の学習量が明確に決まっていること

3)1日の学習量が無理のない範囲であること

4)良質なテキストに絞り込んで、同じものを夏休み中に2-3回繰り返す学習計画であること

5)親自身が規則正しい生活を送っており、週末も平日も、ほぼ同じ時間に寝て起きる生活をしていること。また親の情緒が安定しており、毎日コンスタントに子どもの勉強に付き合う気力があること。

この5点に尽きると思います。



1日の学習量は「見開き 2ページ」「1単元ずつ」など、決まっています。

平日も土日も変わりません。

また、あれもこれも手を出さず、「これ」と決めたテキストを、夏休み中にざっと2-3回回すペースで取り組んでいます。

当然、長男が「今日はヤダー!!」と抵抗する日もありますが、なだめて、カントリーマァムでも食べさせて、なんとか取り組ませています。

特に、基本的な知識のインプット段階にある理科・社会は、それほど学問的な面白味を感じにくい段階でもあります。だから、ツマラナイ。けれどもコツコツインプットしていって、模試でそれなりによい点数を上げられると、とても楽しくなってくるのが5年生以降です。

後半戦も、地道に家庭学習を進めていきたいと思います。

☆梨の季節です☆
しばらくは、梨を毎日、楽しみたいと思います。
季節の国産フルーツを楽しむことは、受験地理の知識を自然に身に着けることにもなります。



☆楽天でお買い物をするときに、必ずハピタスを経由して、1%ポイントを貯めてます♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ