小4予習シリーズ理科・下巻が終わりました。

夏休みに入ってから、予習シリーズ理科の下巻を、1日1単元づつ、親子で取り組んでいました。

理科実験教室で習った単元もありますので、全くの初見ではありませんでしたが、1冊、すべて一回終わらせるのは、それなりに根気がいる作業でした。

次男が朝8時に公立学童に出かけてくれると、家の中が静かになりますので、そこから約1時間、長男とわたくしの理科・社会の勉強タイムになってます。

←朝食を食べる前にも、40分間程度、勉強をしていますが、漢字の書き取りや算数をメインに取り組んでます。理科社会は、食後にしています。



予習シリーズ本体の説明は長ったらしいので、カラーの写真や挿絵を参考にみながら、基本的には「演習問題集」のまとめのノートの部分を親子で音読。

私がQ&A方式で、長男に質問をしながら、インプットを促します。

うろ覚えでも、気にせずに、予習シリーズ本体に戻って、「要点チェック」を音読。ここでも長男に、クイズ形式で問題を出します。

その後、演習問題集の問題(各単元のところと、総合問題のうち、該当する単元のところ)を解いていきます。

だいたい1単元30分くらい。

明日からは、もう一回、予習シリーズ理科の下巻に取り組もうと思います。

全体をさらっと取り組んで、もう一度戻ってくると、一回目には見えなかったもの・分からなかったものが、少し分かるようになるところがあると期待しています。



週1回塾で、理科の講義を聞いて、ミニテストを受けるよりも、家で、親子で取り組んだ方が、小4レベルのうちは、無駄がないと思ってます。

大手進学塾では、4年生のうちから、カリスマ講師さんを投入してきませんので、普通のアルバイト講師の先生が教えてくれます。

大学教育を受けた親御さんなら、絶対に、小4レベルの理科は教えられますし、子どもと同じ目線で、一緒に勉強していけばよいと思います。

漂鳥、留鳥、冬鳥、夏鳥の違いなんて、すっかり忘れていました!

長男と一緒に理科の勉強を楽しんでます。

☆我が長男は、学習漫画にはあまり興味を示しませんが(汗)、良質な学習漫画が色々と出ています。夏休みに、まとめて読むのもよいと思ってます。



☆楽天でお買い物をするときに、必ずハピタスを経由して、1%ポイントを貯めてます♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ