高機能自閉症?な部下。

私の部下の一人に、

「この子、ホント、行間読めない子だよなぁ。

私がどういう状況で、この仕事をお願いしているか、どうしてわからないんだろう。」

「この子、ホント、私がお願いしたこと、そのままのことだけやってくるよなぁ」

といちいちイラっとする言動をする男性がいます。

きょうと大学をご卒業されています。

学歴だけみると、素晴らしい方なのですが、入社後のキャリアパスは、あまり芳しくありません。

彼の働きぶりをみていたら、そのキャリアパスにも納得がいくような気がしました。

人事評価で、厳しく評価されても仕方ないかも、と私なりに感じてしまいました。



半年くらい前も、「入社8年目で、この仕事の返し方って何?!」と腹立たしいことがあったのですが、内心、この子は高機能自閉症の傾向がある方なのかもしれない、と気づきました。

子どもたちが幼い頃、高機能自閉症の育児に関する本を、かなり読み漁っていた時期がありました。当時読んだ本の内容を思い出して、ウェブでも検索して、私の疑念は、かなり確信に近づきました。

それからは、彼に腹を立てることもなく、彼が動きやすいように、仕事の指示の仕方、お願いの仕方、コミュニケーションを工夫しています。

その場で臨機応変に方針を変える必要があるような、ユルっとした交渉事ではなく、きちっとルールや基準にのっとって進めていくような仕事のパーツをお願いしています。

もちろん、それでは、今後の彼のキャリアパスとしては、少々物足りない実務経験かもしれませんが、彼の個性に合わない仕事を任せて、トラブルが発生すると、それはそれで大変だなと感じました。



色々な個性のある部下をまとめながら仕事をしていく器量は、私の場合、子育て経験を通じて養われている部分がとても大きいです。

私がアラフォーのシングルだったら、彼をぎゃんぎゃん怒って、彼を潰していたかもしれない・・・・と想像するだけで、背筋が寒くなります。

両親に愛されて大切に育てられた彼を、お仕事時間内にお預かりして、ビジネスパーソンとして成長できるように、彼と一緒に仕事をさせていただいている-そんな気持ちで接しています。



☆楽天でお買い物をするときに、必ずハピタスを経由して、1%ポイントを貯めてます♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ