「パパは東大卒、息子はネトゲ廃人」の怪。

残念ながら、ひさこのリアル知り合いにも、一定数、いらっしゃいます。

なぜ、そうなってしまったのか?個々のご家庭の抱える問題は分かりませんが、以前から、なんとなく、おぼろげに感じている共通点は・・・・

☑️ パパは東大卒のエリート。仕事が出来るため、多忙。平日の帰宅時間は遅い。週末は疲れて寝ているか、出張か、仕事関係者とゴルフ。

☑️ ママは教育熱心。有名な女子大卒であることも。夫不在な時間が多いため、子どもの教育に責任を感じている。

☑️ 子どもは、一人っ子。ネトゲ廃人になるケースは、私のリアル知り合いの中では、圧倒的に「男の一人っ子」



☑️ 幼少期から母子密着した子育てが行われる。母性過多で父性が薄い。

☑️ 偏差値至上主義の価値観。パパのように東大に入りなさいという価値観。

☑️ 母によるワンオペ育児ゆえ、幼少期から小学校にかけて、思い切り体を動かす遊びが不足しがち。

☑️ 男児の元気さを持て余した母親が、小学校低学年のうちから、ゲーム機を子どもに買い与えている。

☑️ 経済的に豊かで、母親はセコセコ働きにでかける必要がない。

こんなパターンが、ものすごく多いです。

最近では、両親がフルタイムな高学歴ハードワーカーで、子どもが幼い時から、スマホやタブレットに子守りをさせているパターンも、ひさこの周りには増えてきました。

10年後、20年後のネトゲ廃人予備軍?と、私は恐ろしい気持ちになります。

ネトゲ廃人化を予防するには、ゲームに触れはじめる時期をなるべく遅くすることだと思います。



☆楽天でお買い物をするときに、必ずハピタスを経由して、1%ポイントを貯めてます♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ