小2次男の家庭学習メニュー。通信教育は不要です。

小2次男の家庭学習メニューは、長男のときの家庭学習メニューをほぼ踏襲しています。

長男に比べて、素直さに欠けますので、一旦「いやだ!」となったら、とことん抵抗する次男くんには、とにかく、毎日、嫌がらず取り組めるだけの量・レベル感に絞り込んで取り組ませてます。

まずは、なんといっても漢字。

漢字は積み重ねですので、愚直に繰り返すしかないです。

長男に比べて、若干ペースが遅いですし、漢検ステップのドリルが難しくてイヤがるので、ひたすら公文式の市販ドリルを繰り返しています。

次に読解。

こちらも、難しいのは嫌がるので、さっと取り組める「5分ドリル」を1日1ページやらせてます。ドリルはキライですが、小説などを一人で静かに読んでいたりしますので、長男よりも、実は読書が好きなんだなと思ってます。

日能研から市販されている1行計算問題集。
これを見開き1ページ。毎日、コツコツ計算をやらせてます。

2年生の間は、漢字・計算・読解の3点セットをしっかりやらせて、あとは遊ばせておく。
それくらいで、まだ十分だと思います。市販のドリルを買ってきて、家庭学習。これが一番経済的です。

☆電子辞書を買い与えてから、漢字の勉強は、一人で取り組めるようになりました☆
夜、私は19時ちょっと前に帰宅すると、子どもたちがテレビをみながら、電子辞書を引いて、宿題を取り組んでいる日が多くなりました。



☆楽天でお買い物をするときに、必ずハピタスを経由して、1%ポイントを貯めてます♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

☆お読みいただき、ありがとうございます☆