受験算数小4。繰り返し学習で見えてきたもの。

長男と、四谷大塚の予習シリーズを使って、受験算数を家庭学習で進めています。

現在、小4の下巻。3回目。

1回目は、すべての問題を解くのに、6週間かかりました。

まだ難しいかなと思うものは、飛ばし飛ばし。

2回目は、5週間かかりました。
1回目より、格段に理解が進みました。

けれど、まだ難しいかな?と思うものはさらっと。

3回目は、4週間で終えるペースで、現在、取り組み中です。

かなり自力で解ききれるようになりました。

でも、依然として、難しいんだなと思う問題もあります。



塾に通っていたら、塾の進度や模試に振り回されて、1年かけて、上巻・下巻を解き終えても、獲得できるものは少ないだろう、と痛感しました。

小4の受験算数は、受験算数の入口なので、ここでしっかりと獲得しないと、5年生のカリキュラムには太刀打ちできません。

6月中には3回目を解き終えるので、6月末からは、久しぶりに上巻に戻って、夏休みに入る前に、全てを解きなおし、夏休みに下巻も解き直そうと思います。

4年生の間は、難問にやたらと取り組ませる必要はなく、みんなが解ける問題を取りこぼさない!ことが大切です。

夏休み中の仕上がり次第ですが、秋以降は、5年生の基礎問題をゆるゆる取り組み始めようと思ってます。

これだけ教育コンテンツが充実している時代なのだから、塾でしか得られない解法や情報は、ありません。

人生長いのだから、小4で受験準備や塾通いで燃え尽きてしまうのは勿体ないです。

学歴のピークは大学、そして大学院。

さらには、その後のお仕事人生です。



☆楽天でお買い物をするときに、必ずハピタスを経由して、1%ポイントを貯めてます♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ