苦手な先輩とも渡り合える度量の広さが評価されることになる。

某日の平日。

私の長年の宿敵、というか、ワーキングマザーに厳しいお局系の先輩から、ランチのお誘いをいただきました。

何の風の吹きまわしやら💦

と周辺情報を探ったところ、どうやら、私の部署に押し付けたいメンドクサイ仕事があるようで、その内々打診のようでした。

恐怖~!!

私の部署に押し付けたいと思ったきっかけには、私の打ち出した新規プロジェクトがあるのですが、その新規プロジェクトは、役員からの特命事項として、私がプロジェクトリーダーをしているもの。

かなりイレギュラーなことです。



ですので、その新規プロジェクトをきっかけに、社内の周辺領域の既存プロジェクトを引き取ることは、ありません。

事前に、お局系の先輩に、腰を低く、低く、メールしておきました。

その予防線が効いたのか、当日のランチ会では、メンドクサイ仕事を押し付けられたりしませんでした。

ランチ会のメインは、

・前任者のお荷物案件を片付ける仕事が多く、前向きな成果が出せない。

・そもそも、今の部署は、成果が出ないような、お荷物案件ばかり、寄せ集められている。

など、お局系の先輩の愚痴を沢山聞きました。

返す刀で、私の部署の批判もされました💧

あー、先輩大変だなと思いましたが、ひさこの会社では、愚痴が多い人で、成果を上げて評価されている社員さんは、いません。

ましてや、自分の会社や部署の悪口をいったり、ダメ出ししてばかりの人に、出世する人はいません。

批判している暇があったら、とっとと新たな事業提案に結びつけて、現状を打破しているからです。

若手社員ならまだしも、いい年をした総合職社員が、会社に対して愚痴を言い続けるというのは、現状を変えていく力がない、と。



結局、ランチ会は、愚痴と、他部署(ひさこの部署も含む💦)の批判で終わりました。

私のボスに、

「ったくー!

お局様から呼び出されて、愚痴と批判でしたよ。○○さん、大変そうです」

と軽妙に報告したら、私のボスから、

「良かったじゃん。

お局様からも、色々情報が入るってことだから。

仲が断絶してたら、そんな会話すら生まれないよ。

俺は、あのお局様、苦手だから。」

と言われました。

なるほど💡

色々なタイプの方と、ランチできる関係を保つことが、巡り巡って、私の度量を試されることになるんだなと思いました。

やっぱり、私のボスは、私なんかの目線より上だなぁと反省しました。

狭心さを捨てようと反省しました。



☆楽天でお買い物をするときに、必ずハピタスを経由して、1%ポイントを貯めてます♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ