子どもが甘えて?駄々コネと要求。

昨日は、予想外に出張先の仕事が終わり、新幹線の指定席券の出発時刻を変更してもらい、夜8時過ぎに自宅に戻れました!

子どもたちが、ママ~と抱きついてくることはなく、次男が

「ママ!国語の教科書がないよ!

どこにあるの!」

長男が、

「ママ!はやくココア作ってよ!

あと、イチゴを洗って、持ってきて!」

と矢継ぎ早に、指示命令💦

「おかーさんはあなたたちの召し使いではないわよ!」

と言い返しながら、子どもたちの要求を聞いてあげて、ようやく収まってきたなぁと思っていたら、次男はさっさと寝付いてました。



ったく!

不満をぶつけまくって、すぐに寝付いてしまうなんて、赤ちゃんの寝グズリだわっ、と思います。

毎回、私の帰りが遅い日の翌日は、子どもたちの機嫌が悪くて、手のつけようがありません。。。

ポジティブに考えれば、子どもたちが、親の顔色をうかがわず、アダルトチルドレン化(ママ、仕事頑張ってね、などの本音と乖離した大人発言)しておらず、自分の思いを素直にぶつけられる親子関係ということかなと。

いや、子どもだって、「疲れて仕事から帰ってきたんだな」という想像力を働かせてほしいのですが、私自身、母親にさんざん、イラついた思いをぶつけて育ったので、いま、自分が母親になって、子どもたちに同じことをされても、何も言い返せません💧

来月初めに、再び、朝9時台フライト&最終フライトで日帰り出張します。(※今度は空路で別都市♪)

☆出張の移動で疲れますので、帰宅後は、湯船に浸かり、グリッドフォームローラーで念入りに筋膜リリースします。ぐっすり眠れます。☆



☆楽天でお買い物をするときに、必ずハピタスを経由して、1%ポイントを貯めてます♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ