私立中学校の説明会。保護者さんたちの服装など。

昨日、都内の私立中学校の入学説明会に参加してきました。

30年前、実母が娘たちの進学先を探すため、入学説明会に出かけていたときは、スーツを着てでかけていたのを思い出し、わたくしも、紺色の不二子ワンピース(ジャージーワンピース)にノンカラージャケットを羽織ってでかけてきました。

やっぱり、不二子ワンピ、ラクチンです(笑)

会場内では、お受験ルックな、濃紺のスーツやワンピースをお召しになったお母さま、黒革のハンドバッグ&パールの控えめなアクセサリーでまとめているお母さま方が3割くらいいらっしゃいました。

が、カジュアルな普段着でご来校されているお母さま&お父さまが圧倒的にマジョリティーでした。



昨日私がでかけた私立中学校は、付属小学校も付属大学もない、進学校ですので、

【実力本位】

なカルチャーが、受験生のご家庭の中にもあるのだと思います。

頭の出来が良くないと、そもそも、この学校とはご縁がない!

という、よい意味でさっぱりしたお考えが「普通」のようにお見受けしました。

気取らず、ポロシャツにチノパン姿の保護者の方々など、学校の雰囲気に合っていて、良かったと思います。

わたくしの知り合いの本郷OBさんの中で、「お坊ちゃんぶった方」というのはゼロです。

ちょっとやんちゃで懐の広い上司たちが多い。

実力本位の私立中学受験は、やっぱり「実利的」です。

時間を守り、遅刻しない。

先生が話している間はおしゃべりしない。

などなど、社会人として基本的なことに気を付けていることが、なによりも大切。

お受験のように、ああいうファッションでなければならない、こういう持ち物を持たせなければならない、などはなく、個々の常識にゆだねられています。

普通のサラリーマン家庭の場合、子どもを私立小学校に通わせたとしても、出口の【大学】で「差異」が感じられることは、ほとんどありません。

やはり、我が家は、実力本位な中学受験からのスタートでよいと思ってます。



☆楽天でお買い物をするときに、必ずハピタスを経由して、1%ポイントを貯めてます♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ