3年ぶりの育休復帰。彼女のフレアスカートに現役感を感じませんでした。

ビジネスのドレスコードは業界によって様々ですが、男性同期がスーツを着ているような業界の場合、女性総合職は、上下揃いのダークスーツを基本服にするのがよいと思います。

ダークスーツ、ネクタイという見た目は、着ている人をとてもパワフルに見せます。

なので、この見た目のマジックを、女性も使わない手はありません。

むしろ、見た目のパワフルさの底上げをされた男性陣の中で、女性総合職がフェミニンな格好、カジュアルな格好をしていると、女性の仕事ぶりや貢献ぶりを正当に理解していただくチャンスを逃しかねません。



4月に、3年ぶりに育休から復帰してきた同僚ママさんと、先日、社内の打ち合わせで見かけました。

同僚ママさんの上司さんと、一緒に進めている仕事があるからです。

同僚ママさんは、丸首のフェミニンなブラウスに、フレアスカート。

モカシンの靴。

ビジネスパーソンとしての現役感が、見た目からは伝わらず、20代の彼女はもっとバリバリだったのにな、と思いました。

出産後、育休中に価値観が変わったのかもしれませんが💦 3年ぶりのお仕事復帰、時短勤務をしているならなおさら、会社にいるときの自分のイメージやプレゼンスをしっかり出していくことが大切な気がします。

いい意味で、周りからの先入観を打ち砕くパワフルな見た目と、時間内のしっかりしたお仕事アウトプット。このギャップは、人の心を惹き付ける吸引力があります。

フレアスカート。

花柄ブラウス、スカート。

ワンピース。

ビジネスシーンで「現役感」を出すなら、週末に着ることをオススメします。



☆楽天でお買い物をするときに、必ずハピタスを経由して、1%ポイントを貯めてます♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ