1年前の雪辱を果たし、次男もリレー選手へ!

1年前の4月。

ぴかぴかの1年生だった次男は、長男と一緒に運動会のリレー競技に出たいと思っていました。

4月の体育の時間に短距離走の計測会があり、次男曰く「自分が一番速かったはずだけど・・・」リレー選手に選ばれませんでした。

クラス担任の先生から、

「リレー選手は、タイムと態度で選びました」

と言われたそうです。

他のクラスメイトがリレー選手に選ばれたことを知った日の晩、声も立てずに、布団に顔を押し付けて、しくしく泣いていました。

親としても、本当に切なかったです。

公立の先生がやりそうなことだな!!と腹立たしかったです。

スポーツの世界は、純粋に実力だけで選んでいただきたい!!と心底思いました。



あれから一年が経ち、無事、クラス担任が変わり、2年生の4月の体育の授業で短距離走の計測がありました。

次男から
「オレ、クラスで2番目に早かったから、赤組か白組、どっちかのリレー選手になれると思う」
と聞きました。

選手発表までドキドキした数日間を過ごして、連休前の今日の帰りの会で、ついにリレー選手の発表があったそうです。

次男の予想どおり、次男もリレー選手に選ばれました。

本当にうれしそうでした。

去年の悔し涙を知っていたので、私も嬉しいです。

偏差値的なお勉強の世界と、スポーツの世界は、数字に表れる結果がすべてです。

それが一番フェアな評価軸。

先生に気に入られているだとか、そういうことは関係ありません。

本番も、しっかり走り切ってもらいたいと思います。

長男も次男も頑張ってね!!



☆楽天でお買い物をするときに、必ずハピタスを経由して、1%ポイントを貯めてます♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ