受験算数「条件整理と推理」。野球少年に一日の長あり。

予習シリーズ小4算数下巻。

第3回は、条件整理と推理です。

A、B、C、Dがリーグ戦をした勝ち負け。

A、B、C、Dが徒競走をしたときの勝ち負け。

スポーツがらみの設問が多いです。

野球少年は、日常的に、リーグ戦の結果をきにしながら、リーグ戦の勝敗表を目にしながら過ごしてますので、設問をよみながら、サラサラっと表に直して、はい!と解いていきます。

これは、勝敗のつく対戦型のゲームに慣れた子であれば、問題文を読んで具体的なイメージがわきますが、〇ーチューブをダラダラ見て遊んでいた(過ごしていた)お子さんには、イメージ化は難しいかもしれないなと思いました。

遠回りのようでも、小学校低学年生は、色々な体験を積み重ねることが、じつは中学受験対策に効くのではないか、と思っています。

小1からお勉強系習い事漬けにしてしまうことは、結局のところ、後のびしない、と思います。



☆楽天でお買い物をするときに、必ずハピタスを経由して、1%ポイントを貯めてます♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ