歯医者さんで怒られた後の次男の様子

歯磨き大嫌い次男。

ここまで虫歯なしで来られたこと自体、奇跡です。

ですが、歯医者の先生からは、

「歯石がついてます」

「歯茎が腫れてます」

「白っぽくなっていて、虫歯になりかけているところがあります」

などなど、強烈ダメ出しを食らい怒られました。

次男の方を向いて、歯医者の先生は、

「しっかり歯磨きしなくちゃだめだ!」

「歯磨きを嫌がっている? 口を開ければいいだけじゃないか。それくらいできるだろう」

「キミはとっても歯並びがいい。顎がしっかりしているから、大人の歯も綺麗に生えそろいそうな口の中をしている。だけど、このままじゃ、大人の歯は虫歯だらけになるぞ」

とコンコンと説教。

男性の先生だったので、私も怖かったです。

アラフォー管理職になると、会社で誰かに叱責を受けることなんてないので(苦笑)
誰かに怒られることに対する免疫がなくなってます。
←怒られずに、次の評価でばっさりと斬られます(恐怖!!)



歯医者さんから帰ってきた夕食から、人が変わったように、まじめに、嫌がらずに歯磨きを始めた次男くん。

強がりではなく、やっぱり、怖い男性の歯医者さんから、がつっと怒られてよかった~と思いました。

これまで虫歯にはならなかったので、適当でも大丈夫だろう、と次男は心のどこかでなめていたんだと思います。

今回、歯医者さんに説教をされたのはけがの功名ということで💦

次男の歯並びは素晴らしく良いので、その良さを活かせるように、しっかりと歯磨きをがんばってもらいたいと思います。(レベルの低い話ですみませんっ)

そして一か月後、歯医者さんに再訪して、歯茎の腫れがおさまっているのか、チェックしてもらう予定です。

優しい歯医者さんから、コワイ歯医者さんに替えてよかったです(汗)



☆楽天でお買い物をするときに、必ずハピタスを経由して、1%ポイントを貯めてます♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ