「この人、出世しないな」と感じた人の末路。

いまから10年前のこと。

長男を出産する前の年。

まだまだ、独身時代のノリを引きずって、残業をバリバリこなしていました。

←生産性は低かったですが💦

そのとき、やたらと、つまらない&細かい指摘ばかりを入れてくる12期上の先輩がいました。

当時の私(入社6~7年目くらい)なんて、先輩に比べたら圧倒的に社会人としての技量は下でしたが、生意気ながら、

「あぁ。この先輩、出世しないな」

と内心思いました。

あれから10年の月日が流れて・・その先輩と、今のお仕事関係で、ご一緒する機会がありました。

すでに、片道キップで、某企業に出向されていました。

そして、相変わらず、細かいことばかり気にしている、つまらない仕事をされていました。(先輩に厳しい後輩ですみません!)



「一流の男」論を説く銀座ホステスのママの足元にも及びませんが💦

私なりに、大きさ組織の中でいい仕事をする男性かどうか、出世する男性かどうか、について、それとなく、未来を予想することができます。

そして、その未来予想力は、自分の仕事経験と観察サンプルの経年観察によって、年々、研ぎ澄まされつつあります。

某日。

自分が子どもを迎えに行かねばならない日なのに、ちょっとしたトラブル案件があり、仕事が終わらず、トラブル案件のキーパーソンでもある同期に、泣きのメールを入れました。

結局、夫が急きょ、子どもを迎えに行ってくれましたが・・・

同期からは、かなり時間がたった後から、非常に官僚的な、冷たいメールが返ってきました。



私は、内心・・・

「そんな原理原則、知ってるわ!!

入社5年目の超真面目社員みたいな、四角いこと言わないでよ!!

えこひいきしてくれって訳じゃないのよ!」

とがっかりでした。

せめて、

「個別のお問い合わせメールには、回答しかねますw」

など、ユーモアたっぷりに返してくれれば、まだ納得できたのに。。。



誰かにがっかりされたり、

「こいつ、大して出世しないな」

と見限られないように、お仕事シーンでの言動に気を付けたいと改めて思いました。

長いお仕事人生、

情は人のためならず、です。



☆楽天でお買い物をするときに、必ずハピタスを経由して、1%ポイントを貯めてます♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ