年収1億円ファンドマネージャーが異国で恋しくなる母国の味とは?!

我が家は、週7日、朝晩は必ず具だくさんお味噌汁を食べています。

朝、沢山作って、夜は温め直すだけ。

大量に作って、2日間、同じお味噌汁を食べることもあります。その場合は、2日間は具が減ってきてしまいますので、乾燥ワカメや青ネギなど、すぐに火が通るものを追加投入したりします。

我が夫は、たまに、

「実家のお味噌汁の味とは、やっぱり少し違うんだよなぁ」

と言いながらも、基本的には、美味しいね、と言いながら食べてます。

子どもたちは、具材に好き嫌いがあり、

長男は、長ネギ、油揚げだけのシンプルなお味噌汁が一番好きです。

次は、水菜とお豆腐のお味噌汁。



次男は、ナメコとネギ、お豆腐のお味噌汁が大好きで、朝から、お味噌汁をおかわりしてます。

今朝のお味噌汁は、ナメコ汁だったのですが、三杯もおかわりしまして、私は内心

「昔からバカの三杯汁って言うけど」

と思ってしまいました💦

長男は、ナメコ汁が大嫌いで、

「ナメコ汁はつくらないで!って言ったでしょ」

と怒ってしまいました。

贅沢言うな~!!


思います。



アメリカの大学院に留学していたときの話。

一流のロースクールやビジネススクールは、年間500万円以上の学費がかかりますので、私のような社費留学生はともかくとして、私費留学の方は、(平たくいうと!)外資系金融機関に6年くらい勤めて、数千万円くらいお金を貯め、会社を辞めて、次のステップアップのために、ビジネススクールに来るパターンが圧倒的に多かったです。

そのうちの一人に、ビジネススクールに来る前は、年収1億円のファンドマネージャーをされていた方がいました。

30歳くらい。

アメリカでもフェラーリを乗ってました。

彼とは大学内でのパーティーでよく顔を合わせていました。

寒くなってきた冬のある日のパーティーで、温かい日本食が恋しいよね、という他愛ない話をしていました。

すると、年収1億円のファンドマネージャーさんが、ポツリと

「ナメコ汁とか、食べたいなぁ」

と呟きました。

年収何億稼ごうが、異国で恋しくなる母国の味は、ナメコ汁ですよ~!!

と、私は心がホッコリしました✨✨

将来、我が子たちが、どんなに社会的、経済的に成功しても、

「具だくさんお味噌汁とか、食べたいなぁ~」

と呟ける味覚を育てたいなと思ってます。



☆楽天でお買い物をするときに、必ずハピタスを経由して、1%ポイントを貯めてます♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ