30代も注意!夫源病の発症が若年齢化

夫源病の発症が若年齢化しているとの記事を読みました。

「夫源病」とは、読んで字のごとく「夫の言動が原因で、妻の心や体が不調になる」病気です。

当たり前ですが💦、これは正式な病名ではありません。

循環器医師の石蔵文信氏が長年、中高年夫婦の患者さんと接する中で気づき、命名したものだそうです💦

夫源病の主な症状は、夫の暴言や心ない言動が原因で起こる、動悸、息切れ、めまい、不眠、食欲不振、躁鬱状態だそうです。

なんだか、切ないです。



端的に病というより、結婚相手を間違うと、人生が不幸になる証左だと思います。

モラハラ夫は、結婚する前から、その徴候があったはずです。

かすかに察知していた「違和感」や「心のザラザラ感」に、片目をつぶって勢いで結婚してしまった場合が多いと思います。

お子さんがいらっしゃる場合、軽々しく離婚しないという選択肢は、賢明だと思います。

けれど、圧倒的に感じている夫への言動への不快感にフタをして生きていると、何が自分にとって「快適」なのか「不快」なのかが分からなくなってきます。

認知的不協和 が起きます。

私なんかは、

そんな夫となんて、別れちゃえば?

と思ってしまいます。 


どんなにお金を賢く貯めていても、稼いでいたとしても、自分という人格を尊重してくれない心のドケチな男性と結婚生活を続けていくことは、地獄だろうなと。

人生プラスマイナスゼロ。

お金を溜め込んでいる分だけ、不幸な結婚生活=苦行を続けてマイナスを吐き出し、トータルとしてゼロでバランスしている方なのかもしれないな、と思います。

それも、また、人生です。

☆独身時代の愛読書。ルールズを実践していると、心のドケチなモラハラ彼氏が自分の目の前から、消えていき、間違った男性と縁遠くなります。



☆楽天でお買い物をするときに、必ずハピタスを経由して、1%ポイントを貯めてます♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ