次男の漢字練習その後。

漢字の練習大嫌い!な次男。

毎朝、漢字のプリント1枚をやらせるのも大変で、

「これだけはやろうよ!」

と毎朝、声を張り上げて、押し問答して、大変です。

公文式の市販ドリルを沢山コピーして、地道に取り組ませて、ようやく三巡目。



それなりに知識が定着してきて、1日3枚、取り組めるようになりました。

何度も同じ漢字を書いて、一発で知識を定着させて欲しいところですが、とにかく何度も同じ漢字を書くことが嫌いなので、「速く」「何度も」ドリルを繰り返すしかありません。 

次男の中で、漢字練習の楽しさ・・までは無理だとしても、やったらやった分だけ結果が得られるじゃん、と腑に落ちればいいなと思ってます。

低学年の間に、

「いつかはできるようになるでしょ」

とのんびり構えて放置していて、小4に上がった時点で低学年で身につけるべきことが抜け落ちており、苦労された親子を知っています。

やたらと先取り学習をさせる必要はありませんが、低学年のうちは、丁寧に、その学年で学ぶべき内容を定着させることは、本当に大切です。

次男の国語の読解力は、長男よりもセンスの良さを感じますし、親として気を抜かずに、次男の漢字学習に付き合っていきたいと思います。



☆楽天でお買い物をするときに、必ずハピタスを経由して、1%ポイントを貯めてます♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ