ピンクリボン月間に思う。マンモグラフィより先に気を付けたいこと。

今月はピンクリボン月間。

乳ガンの早期発見のため、定期的に検査を受けましょう!と各所で啓発運動が展開されています。

私の親戚にも、乳ガンサバイバーの方がいますので、36歳から毎年、乳腺外科の名医のクリニックで、マンモグラフィとエコーを受けています。

早期発見は大切です。

ですが、乳ガンのような、食生活やライフスタイルとの関連が明らかな病気は、もっと、予防のためのキャンペーンが行われてもいいのに、と思ってます。



早期発見キャンペーンとセットで、そもそも乳ガンにならないための予防の啓発をしていかないと、乳ガンは減りません。

平たくいうと、食の欧米化(肉類、乳製品などの動物性油脂の摂取量の増加。それに比例して、分づき米などの穀物由来の食物繊維の摂取量の減少)が、日本における乳ガン患者増加の大きな原因と言われています。

でも、予防のためのキャンペーンは、特定のメーカーさんの商品の買い控え運動に受け取られる可能性があるため、スポンサーが集まりません💧

ひさこの親戚の乳ガンサバイバーの方は、若くして、欧州に移住されたので、食生活がかなり欧米化しました。

遺伝的な要因はあるにせよ、比較的お若くして、乳ガンになったのは、飲酒、喫煙、食生活が大きな引き金になっただろうと思います。

年に一度の検診とともに、食生活とライフスタイルに気をつけていきたいと思います。



☆楽天でお買い物をするときに、必ずハピタスを経由して、1%ポイントを貯めてます♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ