NYダウ続落、世界的な株安の時も、平穏な理由。

昨日あたりから、新聞にも記事が掲載されている、NYダウ続落、世界的な株安の記事。

我が家は、不動産購入、買い換えの際に、投資信託の大部分を売却してしまい、昨年から始めたイデコのインデックスファンドが30万円程度しかないので、株安ニュースは、対岸の火のように眺めています。

お仕事と育児と自分の健康管理だけでもイッパイイッパイなので、株価に一喜一憂していたら、身が持ちません💦

子どもの学費は、ノーロードのインデックスファンドを積み立てればよいという考え方もありますが、ちょうど、学費が必要になったタイミングで、

世界的な株安

にぶちあたったら、仮に10年以上の積立期間だとしても、あっという間に、原資の1割くらい(以上!)は、評価損益を出してしまうのが、リーマンショック後の世界経済の傾向です。

子どもの大学進学資金の準備は、円定期よりは条件のよい、元本保証型の運用が、やはり賢明です。

仕事がメチャクチャ忙しく、どうにも身動きが取れないタイミングに限って、市場が暴落したり、

仕事中にスマホで株取引をして、会社の人事から叱責されたり・・・そういう「魔が差す」瞬間というのは、存在します。

最近2年目以上、私の目線では、株式市場が加熱しすぎ・イケイケすぎていて、全く買う気が起こりませんでしたが💦、株価がガンガン落ち始めたら、ちょっと仕込もうと思ってます。

キャッシュが手元にあると、心が平穏です。




☆楽天でお買い物をするときに、必ずハピタスを経由して、1%ポイントを貯めてます♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ