野球チームの4年生たちが一気に塾通いを始めました。

野球チームでご一緒している4年生の男の子たちが、この夏あたりから一気に塾通いを始めました。

我が長男と違って、練習はほぼ皆勤賞で参加していてレギュラーメンバーに入っているお坊ちゃんたちです。

みなさんで、同じ塾に入って、楽しく通っているそう。

(←塾が楽しいことと、塾での成績が上がることは、必ずしも一致しません・・。)

低学年の間は、バリっと野球やサッカーに集中して、4年生あたりから中学受験塾にシフトしていくやり方は、一見したところ、理想的ではありますが、私が、毎週末のように接している野球少年たちをみていると、野球チームの練習で毎週土日が完全に占有されてしまってますので、中学受験の勉強のベースになる「生活体験」が不足しているのではないか・・・と懸念してしまいます。

中学受験の場合は、国語の問題にせよ、算数や理科の文章題にせよ、生活体験、先行経験、前提知識があったほうが、解ける問題は多いです。

土日の予定をほぼ占有してしまう、野球やサッカーなどの練習に集中してしまい、それにトレードオフされる形で、季節感のある自然体験、博物館にお出かけした経験を積み重ねてこなかった場合、国語の読解などで苦労することがあるのではないのかな・・・と思いました。




そうはいっても、4年生ママたちから聞く、リアルな塾通い話はとても参考になりますので、詮索せずに、漏れ聞いているだけというスタンスで、ゆるっと情報収集させていただいてます。

我が家は、明日の野球の練習はお休みして、神奈川県の郊外に栗拾いと梨もぎに出かけます^^

低学年の間は、一つのことに打ち込みすぎず、季節感のある体験など、色々なことを積み重ねることを大切にしています。




☆楽天でお買い物をするときに、必ずハピタスを経由して、1%ポイントを貯めてます♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ