子どもが0~5歳にやってよかったこと。

子どもたちが小学生になり、未就学時代を振り返って、やっておいてよかった!と思うことを書いてみたいと思います。

第1位✨

早寝早起き。 

朝6時半には起きて、夜9時に寝る生活を一貫して大切にしてきました。

親も一緒に寝ないと、子どもが寝たがらないので、私自身も、自分を律して、早寝早起きを心がけました。

その日の親の都合で、幼いときから夜更かししてきた子は、他の要因も相まって、体調を崩しやすかったり、小学校の朝礼の日の8時登校に間に合うように起きられないことが多い印象を持っています。




第2位✨

週末に色々な公園や博物館にお出掛けしたこと

ボートに乗ったり、ポニーに乗ったり。
上野の国立科学博物館やズーラシアに行ったり。

収穫体験に行ったり、工作教室に行ったり。
クラシックコンサートに行ったり。

毎週末、あちこちでかけていました。

子どもたちは、楽しかったことはしっかり覚えていて、

「また行きたい!」

と言うので、毎年繰り返し訪れている場所があります。

小学校に上がると、子どもの好みが出てきて、素直に親のお出掛けプランに着いてきてくれなくなったり、習い事もあり、意外と週末に予定を入れにくいです💦

子どもたちの、興味関心や好みの幅を広げるためにも、未就学時代にあちこちお出掛けしてよかったな!と思います。




第3位✨

絵本の定期講読をしたこと

保育園で、絵本の定期講読のチラシをいただいたことをきっかけにして、絵本を定期講読していました。

こどものとも

0・1・2歳の絵本

など。

毎月新しい本が届くのを親子で楽しみにしていました。

小学生になると、学校の図書館で勝手に借りてきますから💦 親の買い与えたものを喜んでくれません💦




☆楽天でお買い物をするときに、必ずハピタスを経由して、1%ポイントを貯めてます♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ