水泳を習うのは、小学生になってからで十分でした。

子どもたちは、小1から水泳教室に通い始めました。

やせっぽちの長男は、進級スピードがかなり遅いです。

体格のよい次男は、水中でのキック力が強く、進級スピードがとても速いです!

2学年差の兄弟ですが、水泳の上達進度は、1学年差くらいまで、追い上げてます。

あと1年もしたら、次男が長男を追い越してしまう可能性が高いです。




次男の保育園のクラスメイトには、年中さんから水泳教室に通っていたお子さんがいますが、今、次男と同じ水泳のグループにいます。

ちまたで(?)よく言われることですが、プロを目指しているわけでなければ、水泳は小1から始めれば十分です。

小4、5くらいで、たいたい同じレベルまで行かれます。

早く始めたからといって、早く上達するわけではないのが、水泳です。

音楽と違って、水泳の動きは日常動作の延長にあります。

反射神経などは、他のスポーツ種目では鍛えられますが、水泳で「運動神経」は磨かれない、という話を聞いた事があります。

子どもの教育費をケチる場合は、

「水泳教室は小学生からになってから!」

という点も考慮されることをお薦めします。

我が家は、子どもたちが保育園児の間は、父子で区営プールによく通っていました。




☆楽天でお買い物をするときに、必ずハピタスを経由して、1%ポイントを貯めてます♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ