一流大学の現役学生の将来ビジョン「結婚して子どもは二人欲しい」

東洋経済のウェブ記事
「若者がDA PUMP「USA」にポカンとするワケ 生活のバランスを崩してまでお金はいらない」
を読みました。

博報堂の若者研究所リーダーをされている原田さんが、慶応大学や早稲田大学の現役大学生と、仕事やお金の価値観をざっくばらんに話している対談記事。

以下、引用します。

男子大学生曰く・・・

・「僕も40歳で子どもをふたり欲しいですが、子どもが寝る前に顔が見られる程度の時間に帰れればいいかな。・・・・20代では猛烈に働いて、40歳ではある程度落ち着きたいです

・「僕は仕事の内容に関して言えば、40歳で管理職であることも予想しつつ、別のスキルも得たいです」

・「僕は20代のうちに結婚して、奥さんと共働きでしっかり稼ぎたいです。30代でふたりのキャリアがいい感じになってきたら、子どもを作りたいです。




女子大学生曰く・・・

・「(子どもは)ふたりくらい欲しいですね。ただ、作る時期に関して言うと、うめるギリギリの年齢まで延ばしちゃうと思います。」

・「私は・・・早めに子どもを産み、40歳ではガンガン働いていると思います。40歳の時点では子どもがある程度大きくなって、それほど手がかからなくなっているでしょうし、私の職場でのポジションも上がっていると思うので、思う存分働けるはず

(引用終了)

一般的に、偏差値の高い大学に通っている学生さんの価値観は、保守的と言われていますから、

「結婚して、子どもは二人欲しい」

とか、

「40歳にはある程度のポジションに上がっていて・・・落ち着きたい」

などなど、現役大学生っぽい、希望的観測に、自分の価値観と似たものを感じつつも、

アラフォー管理職の働く母である自分に言わせると、

「思い描いた未来を手に入れられるのは、ごく少数よ!!」

「ものすごく努力が必要よ!!」

「子どもがある程度大きくなって、手がかからなくなっている・・・ことはない!」

など突っ込みどころ満載でした。




とはいえ、夢を描かないと、夢を実現させることはできないので、憧れを抱き、ポジティブに妄想することは大切です。

そういう点では、現役大学生の思い描く未来として分かりやすいスペックを手に入れている私は、最近、人事部の使い勝手のよい社員として、採用活動に駆り出されています(苦笑)

先月は、サマーインターンシップに参加されていた女子学生向けに、90分ほど座談会。

20代で結婚をして、30代前半に子どもを二人産んで、夫婦共働きの都心暮らし。管理職として本社で活躍している社員(一応、自分!)

女子大学生さんから、色々と質問を受け、正直に話すべきは正直に話して、あっという間の90分間でした。

女子学生さんに
「ひさこさんのキャリア&ライフは、すごく理想的です」と言われ、かなり恥ずかしかったです。

いえいえ、キラキラしているのは、平日の、会社にいる間だけです。

家では、どすっぴんで、全身ユニクロで、髪の毛ボサボサで、子どもの汚したカーペットを拭き、ゴミを拾い集めて、「早く勉強しようよー!!」と声を張り上げているカーサンです。




☆楽天でお買い物をするときに、必ずハピタスを経由して、1%ポイントを貯めてます♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ