大抜擢された女性の先輩。最近の出来事に思うこと。

去年の春、周りもあっと驚く大抜擢をされて、同期の男性全員に先んじて、非常に重要なポジションに就いた女性の先輩(M先輩(仮名))がいます。

コミュニケーション能力が高く、愛想がよく、誰とでも仲良くなれる不思議な魅力のある方で、誰もああいう芸当はできない!と完敗してしまいます。

あの飾らず、気取らない性格、人のことを悪く言わない明るい、敵を作らない性格。どんどんご活躍されるのだろうと思っていました。



けれど、ここ最近、ちょっとあまり良い評判を聞きません。

日本の会社ゆえに、重要なことは、偉い方々が集まる会議で了承されて、進んでいきます。

偉い方々が集まる会議では、自由闊達な意見交換が行われるというより、その会議の議題に上がっている時点で、だいたいの合意形成は終わって、みんなで儀式的に(?)了承する、共有されることが重視されています。

そんな「偉い方々が集まる会議」で、M先輩が提案した議題が、紛糾してしまう出来事がありました。

「そんなこと聞いてない!」

とそもそも論を引き出してくる方もいて、M先輩の直上のボスの一任ということで幕引きをします。

1度、そんな事件が起こったときは、私は、内心、

「M先輩は、会議の出席メンバーの中で一番お若いからなぁ。女性が大抜擢されたから、男性陣が足を引っ張っているのだろう」

「男の嫉妬ってコワっ」

と思っていましたが、似たようなことが再び起こり、そして先週金曜日にもまた似たような事件が起こりました。

私は、

「M先輩!!スリーアウトですよ。

先輩を抜擢した某役員も、そろそろ先輩をかばいきれないです。」

「先輩の根回し不足です!」

と感じました(汗)



先輩が偉くなった分だけ、先輩の提案は、全社的に&現場に至るまで、極めて大きなインパクトを持ちます。

だからこそ、合意形成には時間をかけて、各方面の顔を立てたり、会議出席メンバーのメンツを潰さない配慮、気遣いが必要です。

会議の出席メンバーは、M先輩よりも入社年が古く、大先輩がいらっしゃいますし、M先輩以外は全員男性です💦

M先輩の足を引っ張ってやろうと考えている方もいます。

潜在意識レベルでは、(役員のお気に入りで大抜擢された?)M先輩のことを嫉妬している方もいるかもしれません。

そもそもの「地合い」が悪い環境で、モノゴトを進めようとするときには、日本企業的な根回しがとても大切になります。

と、言うは易し。

自分がM先輩の立場だったら、どう振る舞うべきか。

脳内シミュレーションをしながら、肝を冷やしています・涙

やはり、社内政治力は大切です。



☆楽天でお買い物をするときに、必ずハピタスを経由して、1%ポイントを貯めてます♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ