学童に行かずに友達と図書館で過ごす放課後。

先日、長男から、英語学童が入っていない日に、公立学童に寄らずに、友達と一緒に図書館に行きたいと言われました。

小3になると、友達との関わりがとても大切になってきます。

自宅・学校・図書館が500メートル圏内にコンパクトにまとまっており、歩道も広々していますので、比較的安全です。

我が家は、子どもたちにキッズ携帯を持たせてますので、気を付けて遊んでおいで、と長男を送り出しました。

ただし、大人の人が不在の友達の家に上がらないこと、長男も自宅に友達を招き入れないことをビシッと言い聞かせました。

そして、図書館の自習室で、まずみんなで宿題を終わらせてね、とお願いして、友達のお母様とも打ち合わせしておきました。



その日、長男は約束どおり、図書館で宿題をこなしていました。

友達同士だと、よい意味で「親と、宿題を終わらせてから遊ぶって、約束したんだ」とプレッシャーになるのかもしれません。

次男くんは、まだまだ学童で過ごしたいようなので、6時まで学童で過ごしてます。

長男の成長を見守っていきたいです。



☆楽天でお買い物をするときに、必ずハピタスを経由して、1%ポイントを貯めてます♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ