自分でテスト対策が組める子ども。

長男の漢字学習は、2~3週間前くらいから、学校で使っている漢字ドリルをメインテキストにしました。

今まで使っていたくもん市販ドリルは、取り組むペースを落として、細く続けてます。

メインテキストを変えてから初めての漢字テストでは、3問ほど取りこぼしがあり、85点。

家では、漢字のインプットだけして、テスト形式でアウトプットしませんでした。



このため、その次の漢字テストの直前2日間は、テスト形式でアウトプット。

あれ?思い出せない💦という漢字を重点的に書き出して、無事に漢字テストでは、満点を取りました。

※週に一回、漢字テストがあります。

そろそろ、また次の漢字テストが近づいてきてます。

今朝、長男は自発的に、白紙の答案用紙を引っ張り出してきて、

「そろそろテストが近いから、慣れておこうと思って」

と、覚えた漢字のアウトプットに取り組んでいました。

どうしたら、覚えきれていない箇所を見つけて、直前に潰すことができるか? 小3なりに、テスト対策を組み立てられるようになってきたのかな、と思いました。

結果の出る効率的な勉強の仕方を身に付ければ、独学できるようになります。

少しずつ、自分で勉強メニューを組み立てられるように、私なりに勉強法や結果の出し方を伝えていきたいなと思います。



☆楽天でお買い物をするときに、必ずハピタスを経由して、1%ポイントを貯めてます♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ