英語学童のデメリット

子どもたちは、平日に週3回、英語学童に通っています。

我が家にとっての、英語学童のデメリットは、ズバリ

公立学童で過ごす時間が少なくなること

です。

公立学童では、15時半から17時、校庭や体育館が開放されています。

サッカー、ドッジボール、天下など、めいっぱい遊べます。

でも、英語学童がある日は、帰りの会の後、30分くらいしか公立学童に滞在できません💧

長男は、公立学童でちゃちゃっと宿題を終わらせてます。



長男が一年生のときは、公立学童をメインに過ごしていたので、公立学童で囲碁や将棋の腕を磨いていましたが、次男は、そんな機会もなく、家で少し将棋を指すくらいです💧

偏ってます。

公立学童では、囲碁教室が定期的に開催されてます。

次男から、僕も囲碁教室に行きたい!と言われたので、囲碁教室がある日には、英語教室を他の曜日に振り替えたりして、次男が囲碁教室に参加できるように工夫しようと思います。

 



☆楽天でお買い物をするときに、必ずハピタスを経由して、1%ポイントを貯めてます♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ