セクハラ未然防止4ヵ条。

私なりに実践しているセクハラ未然防止のための行動原則を書いてみたいと思います。

一.女性らしさを強調しない、ビジネスファッション

業界にもよりますが、男性の同僚がスーツを着ている業界・社風であれば、女性である自分自身も、それとパラレルなビジネスファッションを心がけることが大切です。

ビジネスファッションは、仕事をする上でのユニフォームなので、チームの一員として扱われたかったら、ユニフォームを着ることです。

男性の同僚が上下揃いのダークスーツを着ている中で、カットソーやニット、チュニック姿、花柄ワンピース、レースのスカート、フィット&フレア・・・であれば、女子マネ扱いされても、仕方ないです💦

不愉快なお誘いを受けるリスクが高まります。



私は、プロフェッショナルである、仕事に真摯に向き合っている、お金を稼ぐために会社に来ているのであって、恋愛しに来ているわけではない、というビジュアルアイデンティティは、強力なセクハラ防護服になってくれます。

一.仕事関係者とは、やたらと私用メールやLINEでくだけたやりとりをしない。

私は、基本、お仕事関係者とは、会社のメールでやりとりしています。部下たちはLINEグループをつくって、頻繁にやりとりしているようですが、その輪には加わりません。

必要なときは、私用の携帯にショートメールを入れますが、70文字という制約の中で、まるで短歌のようなミニマムな文面を入れます。

会社には、友達を作りにきているわけではなく、お金を稼ぎにきているのだという緊張感を大切にしています。

親しくなったほうが、仕事がスムーズにいくこともありますが、馴れ合うと、小さなミスに甘くなりがちです。



親しくなるより、仕事上で、お互い、尊敬しあう、「あの人は、凄い。」「あの人と一緒に仕事したい」と思われる&思う関係の方が、うん十倍も長持ちします。

既婚女性が、会社の男性の同僚さんと、LINEのスタンプを送りあったりするのは、不倫の温床です💦

同性の同僚さんとも、親しくしすぎると、足の引っ張りあいや、嫉妬、尾ひれのついた噂の発信源というリスクになります。

仕事関係者との距離感を大切にすることが、セクハラを含めた、あらゆるトラブルの未然防止につながります。

(続きます!)



☆楽天でお買い物をするときに、必ずハピタスを経由して、1%ポイントを貯めてます♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ