朝から長男から質問「四国平定とは?」

朝、長男が起きてきて、新聞のスポーツ欄を一通り読み終わると、

「おかーさん! 四国平定って何?」

「長宗我部氏と誰が戦ったの?」

「どっちが勝ったの?」

などなど。沢山質問されて、私はしどろもどろ。

歴史大好きな夫が

「秀吉の天下統一の最後の方の話だろ。」

「あれは、司馬遼太郎の○○○って本を読むと分かりやすいし、面白いぞ」

など、話してました。



私も高校のとき、習ったはずですが、すっかり忘れました。

長男は歴史図鑑を引っ張り出して、索引から

四 国 平 定

を探し出して、一生懸命に読み込んでいました。

今は、家庭学習を親子で取り組んでますが、そのうち、自分がそうだったように、問題集を自力で解いて解説を読んで独学し始める日も近いのかも・・・と遠い目で、長男の姿を眺めました。

遅かれ早かれ、子どもは手が離れていくのだから、幼児期~低学年の学習くらいは、親がきちっとみてあげるのが良い!と思いました。

子どもの中に、基礎や生活習慣がきちっと確立されていれば、そのうち自力で学び始める

・・・そんなことを予感した朝でした。



☆楽天でお買い物をするときに、必ずハピタスを経由して、1%ポイントを貯めてます♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ