ゴールデンウィーク後は不登校が急増。

子どもたちは、ゴールデンウィーク明け、

友達に会える!

運動会の練習だ!

とガッツポーズで8時前に家を出ていきました。

我が家の平坦なゴールデンウィークに比べたら、小学校の方が楽しいことがいっぱいです💦



ゴールデンウィーク後と、夏休み明けは、不登校のお子さんが急増するタイミングなのだそうです。

不登校を至る原因は様々だと思いますので、私のような素人には、対応策など申し上げられませんが、

不登校になっているお子さまは、

夜型で朝さっぱり起きられない生活サイクル

✔乱れた食生活

✔体を動かさず、外出しない。

という共通する傾向があるそうです。

親として出来る予防策は、平たく言うと、そういう生活パターンに、少なくとも子どもが小さいうちは、入りこませないようにすることだと思ってます。

私なりに実践していることは、

✔1年365日例外なく、夜9時にはさっさと就寝する規則正しい生活を心がけること。

特に、子どもたちだけに「早く寝なさい!」というのではなく、母親か父親のどちらかが、必ず一緒にお布団に入って、本を読んであげて、寝ること。自己肯定感を養うこと。

✔食生活は、ご飯とお味噌汁、良質なタンパク質を中心に、3食しっかりと食べさせること。

✔幼少期から、体を動かすことは心地よい、リフレッシュになるのだと思うような環境、機会をコマメにつくること。

クリックすると好きな映像や音楽が流れるような、オンデマンドなサービスをやたらと取り入れないこと。あんなに楽しくて便利なものに比べたら、小学校生活はツマラナイ日常です💧



保育園時代から、お友だち皆と「仲良くしなさい」と強要しないこと。頑張らせないこと。

気の合わないクラスメイトとは、距離を置く。自分を従属させようとするような、支配的な振る舞いをする児童がいたら、「ああいうタイプとは、口を聞かなくていいわよ。距離をとりなさい。世の中、いい人ばかりではない。」とはっきり説く。

イヤなものはイヤだとはねのける心根が大切だと説く。

皆と仲良くしなさい、オモチャを貸してあげなさい的な【社会性】を説くのは、偽善的と感じてしまいます。小学校には、色々なタイプがいますので、他人との距離の取り方を含めた社会性を養うことも大切だと思います。

親自身が、他人と違うことを怖れない。マジョリティに流されず、堂々と我が道を行く。ママ友とやたらとメールやLINEで情報交換しない。

集団生活で疲れてしまうタイプは、他人に気を使いすぎたり、他人からどう思われているか?を気にしすぎてしまうからではないかと思います。

✔休日の疲れる「お付き合い」は断り、家族単位でのびのび過ごす。その中から、何か一つでも、子どもが得意なことを見つけてあげる。



☆楽天でお買い物をするときに、必ずハピタスを経由して、1%ポイントを貯めてます♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ