漢字テスト100点満点。記録更新中。

年明けから、長男のクラスでは、小2の習う漢字の総復習をしています。

毎日のように

「まとめのテスト」

をしています。

居間を散らかす名人の長男が、学校から持ち帰ってきたプリント類を床に投げ捨てておくので、毎朝、拾ってますが、内心

最近、100点の答案用紙ばっかり落ちてるなぁ~

と思ってました💦

すると、昨晩

「年明けからのまとめの漢字テストが全部100点満点の子がクラスに5人いるんだって!



男の子は2人で、そのうちの一人はオレ。

みんなの前で褒められたよ✨✨」

と嬉しそうに話してくれました。

ちなみに、もう一人の100点満点連続の男子は、長男の小1からの将棋の友。

教育熱心な都心のパワーカップルのご子息さまです。

たしかに、あの子なら、コツコツ、漢字練習しそうだな!と思います。

ちなみに、学童の自主勉強時間に使っているドリルも一緒です。

毎朝の地道な漢字の書き取りが、長男のプチ成功体験に結実して良かったです。

漢字学習は、やたらと先取りしなくても、小学生になってから取り組んでも、全然間に合います。←当たり前ですね💦



他方。

未就学児の時代に、存分に外遊びもさせずに、空間認知能力を養ったり、場合分けや比較、俯瞰的にものを見る「ベースとなる体験」が不足していると、

小学生以降に、塾や家庭教師を雇って、子どもに算数の解法を暗記させようとしても、算数のセンスの悪さを埋め合わせるのが難しいと思ってます。

結局、公立小学校のカリキュラムなど、後から追いつけるのだから、

未就学児の間は、(ゲームやDVDなどの受け身の娯楽以外で!)子どもを存分に遊ばせたもん勝ちだなと思いました。



☆楽天でお買い物をするときに、必ずハピタスを経由して、1%ポイントを貯めてます♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ