【中学受験】「社会の後回しは危険です」

中学受験の社会科専門塾「スタディアップ」を主宰している野村先生がお書きになったご本を読みました。


内容的には、それほどサプライズはありませんでしたが、実践的かつ体系的に社会の勉強の仕方がかかれていて、非常に参考になります。

以下、引用します。

・中学受験の4科目の中で、社会こそが、やれば一番簡単に点数を取ることができる科目だと確信しているからです。

・算数であと1点取るよりも、社会でもう1点取る方が格段に易しい。

社会は覚えた分だけ、それがそのまま点数につながっていく。

社会を後回しにして、国語・算数ばかりに時間を割いてしまい、最後の追い込みで社会が間に合わなかった受験生は、競争の土俵に立つことすら難しいといえるでしょう。

社会を塾任せにしてしまうと、社会の肝といっても過言ではない家庭学習での暗記よりも、問題を解く問題演習中心の学習になってしまうのです。

社会を最短で伸ばすための学習サイクル
  授業 20%  暗記 60%  問題演習 20%

(引用終了)




・・・・などなど、具体的なやり方も平易に紹介している良書です。

野村先生は、過去問を解き始める時期としては、きちんと社会の基礎知識が入ってから・・・と推奨されています。

基礎的な問題も取りこぼしている状態で問題演習をしても、単に、覚えているか覚えてないかの確認作業にしかならず、演習の意味がほぼない、と。

これは、受験生に限らず、小学校4年生5年生にも全く同じことが言えると思います。

模試をはじめとする問題演習でアウトプットばかりしても、全く知識が定着しないので、アウトプット時間に時間を割くよりは、しっかりと自宅で勉強をして、インプットしていくことが大切だと思ってます。




野村先生は、社会の勉強を始める前に最初に覚えるべき「社会の公式」として、

1)都道府県
  名称と位置、県庁所在地、都道府県の形

2)白地図
  山地/山脈/山/火山
  平野
  川/湖
  盆地/台地
  半島/岬
  湾/海峡

があると説かれています。

この「社会の公式」を覚えずに、社会の勉強をはじめても、効率が悪い、と。

なるほどー!と思ったので、野村先生がプロデュースしている「社会の公式」を楽しく覚える教材を買いました(汗)

この教材が、正直言って 高 い !!

←3万円です・汗

私は、基本的に先取り学習にはあまり興味がなく、

学年ごとのカリキュラムを知能の発達段階に応じて、最短時間でさっと取り組ませるのが、一番作業効率がよいと思ってます。



が、漢字や地名・地理のような、日本人としての常識、単なる暗記ものは、毎日5-10分程度の時間でちまちまやらせて、本人の興味や能力に応じて若干先取りさせていこうと思ってます。

長男3年生の夏休みに、ぼちぼち「社会の公式」を取り組もうと思ってます。

☆野村先生のご著書は、一通り読みました☆
 繰り返し「社会なんてセンスは関係ないです!暗記です!覚えた分だけ結果が出ます!」と説かれていらっしゃって・・・野村先生ご自身は算数が得意ではいらっしゃらなかったので、社会を武器にされたのかな・・と。英語と小論文さえ出来れば合格できる慶應文系(商学部は数学あり。)ご出身者の香りがいたします・・・。




☆楽天でお買い物をするときに、必ずハピタスを経由して、1%ポイントを貯めてます♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ