日常生活の中で理科と地理の素地を作る。

日常生活の中から、「理科」「地理」の素地を自然に作っていこうという下心がありまして(苦笑)、「気圧・気温・湿度計」をリビングに置いてます。

色々な種類のものが販売されていて迷いましたが、「温度・湿度・気圧」の三つがあること。各ゲージの読みやすさ。大きさを重視して、結局こちらのEMPEXアトモス気象計を選びました。

食卓の近くの壁に吊るして、

「気圧、下がってきてるわねぇ~」

「今日は湿度が高いわね」

など話しかけたり、

「今の気圧は何ヘクトパスカル?」

と目盛りを読んでもらったりしてます。

日々の積み重ねの中で、こういう気圧の変化をするときは天気は下り坂かな・・・など、親子で楽しみなら推測できるようになればいいなと思ってます。

とある小学生ママブログでおすすめされていた「立体地図」も導入しました!
ちゃぶ台が置いていある近くの壁にペタっと貼り付けました。

日本列島の高低がわかる立体地図。とてもよく出来ています。

こういう立体地図に日々触れていれば、小学校3年生、4年生以降、地理の時間に、山脈の話、関東平野の話が出てきても、すぐ分かるのではないかなと思ってます。

なるべくモノが溢れないように気を付けていますが、シンプル生活とは程遠い我が家のにぎやかなリビング(汗)

勉強ができる子のご家庭のリビングは散らかっている

というお話をよく耳にしますので💦 我が家は引き続き、

子どもたちの日々の遊びが活発で、

知的好奇心をかき立てられるような、

適度に散らかったリビング

を目指したいと思います!




☆楽天でお買い物をするときに、必ずハピタスを経由して、1%ポイントを貯めてます♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ