社長とランチ。いつものスーツで参加しました。

我が社の社長が、アラフォー中間管理職とご飯が食べたいとおっしゃったそうです。

社長室(秘書)から、各部門のトップ宛に、適当な人選をして、1名、推薦するように!とのメール。

担当役員と、我が部門のトップが話し合い、

「社長には、頭がいいだけの社員ではダメです。華があって、しゃべりが上手い奴。他の部門からは、男性社員が推薦されるでしょうから、我が部門からは、ひさこを出しましょう!」

と話し合われて、私が社長とのランチ会にエントリーされました。

さすがに社員がうん万人もいるような会社におりますと、私のような中間管理職は、テレビや新聞でしか、社長をお見かけしません💦

やはり、女性総合職のフルタイムママは、チャンスに恵まれやすいです。



当日の朝は、普段から着ているスーツの中から、一番お高い、ポールスチュワートのセミオーダースーツを選びました。15万円くらいしましたが、十分モトを取ってます!

インナーには、NOLLEY’Sのシルクっぽいプルオーバー。無駄な柄やフリルはなく、シンプルですが、ほどよく首回りが空いていて、スッキリして見えます。

ネックレスには、1カラットの1粒ルビー&ダイヤのシンプルなもの。  

ルビーは、仕事運アップに効く、働く女性に相応しい宝石だそうです。

普段から、仕立ての良い、自分の年収とポジションに相応しい(やや背伸びした)スーツを着ていて良かった!と思いました。

わざわざ、社長とランチの日だけ

「気合いを入れたり」

「普段は着ていないスーツを奮発」

したら、周りから

「頑張っちゃってる」「張り切っている」「痛い」

などと、陰口を叩かれかねません💧

しかも、普段、スーツを着なれていない人は、歩き方や振舞いで、なんとなく、ぎこちなさを感じ取られてしまいます。

働く母は、普段からのイメージが大切です。


  • ☆楽天でお買い物をするときに、必ずハピタスを経由して、1%ポイントを貯めてます♪
    日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

    ☆お読みいただき、ありがとうございます☆
    にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ