「1年間服を買わないチャレンジ」を読んで思ったこと。

クレアのウェブ記事で、「1年間服を買わないチャレンジ」をされた人気イラストレーター/アーティストの松尾たいこさんの連載を読みました。

(引用します)
・「実店舗とネットを合わせると、平均して3日に1回くらいのペースで何かしら買っていたと思います」

・当然ながら、クローゼットにはいつでも洋服がギュウギュウに詰め込まれていた。

・4カ月目か5カ月目あたりだったかな。以前は週1で足を運んでいた伊勢丹 新宿店に衣装を探しに行ったら、買いたいものが見つからなかったの。この衝撃は大きかったです。

(引用終了)

私のファッション断食期間は、育休中でした。

産前体型が戻らずに、けれど、このままの体型であるわけがない!と思っていたので、育休中は、マタニティー服を着て、ごまかしていました。

さらに、産休・育休を2回繰り返したら、30歳→34歳になっていて、20代に購入した服が、年齢的に似合わなくなっていました💦

きっかけや状況は違いますが、半強制的なファッション断食を経て、ビジネスファッションルールを学んで現在に至ります。

独身時代は、人並みに、友達との待ち合わせの前後に、店をブラブラ覗いて、服をちょくちょく買っていましたが、いまは、平日は仕事と子どものお迎えに追われ、週末は子どもの習い事の送迎と家事に追われ、ブラブラとゆっくり店内を歩く暇すらありません。

働く母は大変ですが、

✔主婦として、家族のために住まいを整えること、食事を作ること

✔子ども

✔仕事

が圧倒的な時間とエネルギーを占めています。

だからこそ、無駄が生まれにくい。優先順位の低いものは自然淘汰されていきます。

頑張って無駄を排除しなくても、より優先順位の高いものにフォーカスしていくだけで、無駄なものに目がいかないようになります。




☆楽天でお買い物をするときに、必ずハピタスを経由して、1%ポイントを貯めてます♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ