算数の習熟度別クラス、その後。

小2から、長男の小学校では、算数の習熟度別クラス編成が導入されました。

単元ごとに、理解度を測るミニテストを行い、数ヵ月に一度、クラス分けがあります。

都心の小学校は、みなさま教育熱心なご家庭が多いので、上位層が厚く、単元ごとのミニテストでちょっとケアレスミスをすると、上から2番目のクラスになってしまいます。

それから、やはり一番上のクラスは、男子ばかりです・驚



子どもたちが通うアルゴクラブも、算数教室も、圧倒的に男子ばかりのクラスなのですが、やはり小学校でも、算数の習熟度別クラスにすると、男子ばかりに囲まれています。

長男からの話では、単元ごとに、けっこうメンバーが入れ替わるようで、長男もたまに二番目のクラスに入ってます。

私は、「どっちでも、楽しく勉強できれば、いいよ」と気にしてません。

時間内に解き終わってしまうと、補助プリントをどんどんくれますので、長男は、ライバルの男子たちと、どれくらい補助プリントをこなしたか?競いあってます。

授業が簡単すぎて退屈しているよりはうん倍もマシなので、算数については、やはり習熟度別がよいなぁと、今のところは感じています。

公立校の授業にずっと退屈していたという夫も、長男の様子を羨ましそうに見守っています。



☆楽天でお買い物をするときに、必ずハピタスを経由して、1%ポイントを貯めてます♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ