住宅一点豪華主義の我が家です。

年収と住宅費の健全なバランスとは?!

永遠の課題です。

賃貸 vs 持ち家

郊外 vs 職住接近

広さ vs 駅へのアクセス

などなど。

様々な視点や価値観がありますが、我が家は、機能性や利便性、快適性を最重要視した結果、

住まい一点豪華主義

のポジションを取ってます。

単純に、会社↔自宅が近ければ近いほど、同じ時間に会社を出ても、保育園や自宅に到着する時間が早くなり、イコール子どもたちと過ごす時間が長くなります。



将来、どんなにお金を積んでも、幼い子どもたちと過ごす時間をさかのぼって買い戻すことはできません。

現役世代、働き盛りの今こそ、子どもと過ごす時間を1分でも多く捻出することを大切にしています。

このためには、駅から徒歩5分未満の住まいを選びました。

夫の会社からは、徒歩でも20分かかりません。

大きさについては、広すぎる必要はありませんが、両親+小学生の子ども二人の4人家族が、ストレスを感じずに過ごせる広さとして、

70平米前後&3LDK✨

が我が家のジャストミニマムだと考えました。

※子どもたちが保育園児の間は、60平米以下の広さで十分でした。

築年数については、古いとあちこち修繕したくなることと、管理費が値上がりすること、都心不動産の資産価値を考慮して、築5年以内を標準に定めました。



結果、今の住まいは、現在の世帯年収の5倍くらい。

億ションに近い物件を購入することになりました。

まさか自分がこんなお高い物件に住むことになるとは、夢にも思ってませんでした💦

我が家は、住まい以外は、きわめて慎ましい生活を楽しんでます。

車はもたず、マンションの隣のカーシェアステーションで、プリウスを毎回借りてます・笑

自転車ももたず、徒歩か、マンション住民専用のシェアサイクルを夫が使ってます。 

掛け捨ての生命保険は何も契約せず、夫は医療保険にも全く入っていないツワモノです。

シンプルな生活スタイルなので、月々の電気・ガス・水道代は、トータル1万円くらい。

家族旅行は、新幹線で片道2時間以内を目安に。子どもが小さいので、家族で海外旅行はしません。(仕事で行った方が楽です。)

ここまで徹底していると、特にマンションのゴミ捨て場に捨てられているブランド紙袋の山々などを拝見しながら、同じマンション住民との生活レベルの差を、ひしひしと感じてしまいますが、

慎ましい生活を楽しんでいるので、全然気になりません・笑



息子たちがどこかの奨学金を取り損ねても、かーさんは、息子たちをアイビーリーグやオックスブリッジに送り込むためのお金をコツコツ貯めているからです。

住宅ローンは、世帯年収の1.5倍残ってますが、さくさく返して、現在小2の長男が小学校を卒業するまでには完済したいと思ってます。

夫や私というビジネスパーソンとしての資産価値を最大化させつつ、子どもと仲良く暮らせる住まいには、しっかりお金をかけてます。

これが万人にとってのベストなポジションだとは到底思ってませんが、我が家なりの方法論をご紹介しましたm(__)m

☆楽天でお買い物をするときに、必ずハピタスを経由して、1%ポイントを貯めてます♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ