今でも愛読☆年中で定期購読していた絵本(2)

我が家の長男が年中のとき、チャイルド社からファーブル昆虫記の絵本を定期購読していましたが、ファーブル昆虫記とセットで、「シートン動物記」も配本される盛りだくさんなラインアップでした。

12ヵ月のうち、6ヵ月がファーブル。6ヵ月がシートン。

豪華です♪

シートン動物記は、狼が捕獲され殺される話、猟師が撃ち取ろうとして撃ち取れなかった場面などが出てきます。


ファーブル昆虫記のほのぼの感とは違った味わいがあります。

我が家は、年中の時には、ほとんど読んでくれませんでしたが、年長、小1、小2と学年が上がるにつれて、リクエストされるようになりました。

いまは、次男がよく読んでいます。

良質な本が、居間の本棚にあること、それ自体が素晴らしい環境だと思います。

シートン動物記も、挿し絵がリアルで、日本語が美しい名作ばかり。現代作家さんの絵本は図書館でかりて、読み流しつつ、名作絵本は購入するようなメリハリをつけても良いと思います。

シートン動物記もファーブル昆虫記と同様に、祖父母からのクリスマスプレゼントにリクエストするのにぴったりだと思います。




☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ