0・1・2歳の絵本の読み聞かせ

子どもたちが保育園に通っているときは、保育園で絵本を定期購読していました。

長男と次男に一冊ずつ、購読していましたが、次男が年中に上がると、完全に長男と同じ本を読みたがるようになり、定期購読はやめました。

毎月1冊ずつ、良質な絵本がお安いお値段で届くので、絵本の定期購読はおススメです。

絵本の定期購読は、チャイルド社、福音館書店など、いくつかの出版社さんがサービスを提供していますので、色々と見比べてみるとよいと思います。

毎週図書館に出かけて、大量に絵本を借りてくることもいいのですが、子どもは絵本をかじったり、破いたりしますので、量よりも質で、一か月に1-2冊を買い与えつつ、同じものを繰り返し読み、汚してもいいんだよ、というおおらかな気持ちで絵本と接した方がよいのではないかと思います。

私は、子どもが0~2歳の間は、福音館書店の定期購読を申し込みました。

0・1・2歳絵本が毎月届くのが、とても楽しみでした。
仕事が忙しいと、うっかり買い忘れたりしますので、保育園や幼稚園経由で絵本を定期購読するのはおススメです。



いずれも出版年度が古い名作ばかり。ハードカバーで、角が丸くなっていて、子どもも扱いやすいです。

福音館書店の0.1.2歳絵本シリーズは、挿絵が美しく、擬音語や擬態語が楽しい物語が大きく、この時期の子供に読み聞かせるにはぴったりです。

子どもたちは、小2と年長になったいまでも、「これ読んで~」と本をもって膝の上に乗ってきます。



☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村