通塾が不要だと思う理由

先日、長男が通っている大手進学塾系列のアルゴクラブ保護者会に出席しました。

去年出席した際には、目からウロコの有益なお話が聞けたので、今回も楽しみにしていました。

今回は、去年とは違う先生→副学長がお話ししてくれました。

・・・が、まとまりのなり話がダラダラ続き、数年前に開成中学入試で出題された算数の解説があり、60分間の保護者会が終了しました。

この保護者会で、副学長は保護者に何を伝えたかったのか、よく理解できませんでした。



カリスマ塾講師との出会いが、子どもたちの人生を変えるーーことはあると思います。

私の中学受験時代にも、よき塾講師の先生との出会いがありました。

四谷大塚時代の先生とは、いまだに、たまに会って飲んでます。

けれど、それとは反対に、子どもを通わせても、(家庭学習の方がよっぽと理解が進み、知識が定着するという意味で)全く効果の上がらない塾の授業もあります。

長男が通っているアルゴクラブは、某ターミナル駅の最寄りにある「拠点校」です。

渋谷区や世田谷区のみならず、杉並区や豊島区からも、わざわざ通っているお子さんもいらっしゃいます。

副学長がこのレベルでは・・・💦・・・しかも、教え方が上手い人気講師は、5年6年生の上位クラスの担任になるでしょう。



通わせる価値のある塾の授業はあるかもしれませんが、4教科セットでしか申し込めない塾がほとんどです。

6年生後半の志望校対策など、ピンポイントで利用する価値はありますが、少なくとも、4年生まではコストとベネフィットが全く釣り合いません。

我が家は今のところ通塾不要だと確信した保護者会の帰り道でした。

☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村