手作り梅シロップ、飲み終わりました。

今年の6月に神奈川県内の梅農園で、梅の摘み取り体験をさせていただきました。

小田急線沿線にあり、比較的都心に近く、半日で気軽に往復できました。

3キロ収穫して、長男と次男で一キロずつ梅シロップを作りました。残りの一キロで、私が梅酒をつくりました。

夏休みから少しずつ楽しんで、ついにすべて飲みきりました!



昨年は、埼玉県越生の梅農園で梅を摘み取りました。

白加賀という品種で、梅シロップも梅酒も、とても香りだかい、フローラルなお味に仕上がりました。

子どもたちは「お花の香りがする!」と感動の声をあげていました。

それに比べると、今年の梅は、全然フレーバーがなく、感動しませんでした💧

品種も違いましたが、近郊で小規模にやっている梅農園と、越生の山で大規模にやっている梅農園の梅のクオリティの違いを痛感しました。

来年は、ちょっと遠いけど、絶対に越生に行こうね♪と話しています。

中学受験の国語は、どこから飛んで来るのか分からないのだそうです。

果物の旬、品種の違い、「白加賀」、越生の梅林・・・など、大人にとっての教養や常識を、日常生活から自然と子どもたちに身に付けてもらいたいなと思っています。

今月の週末には、秋の野菜を収穫しに家族で千葉県に出掛けてきます。



☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村