年中児ママにお勧め!秋の学校説明会

地元の区報誌に、地元の区立小中学校の説明会日程が告知されていました。

自治体にもよりますが、学区選択制になっている自治体は、選択希望の提出期限の前月などに、各学校の説明会を行います。

年長ママは、あちこち参加して、お子さんの入学希望先を決める方が多いと思いますが、近隣の区も視野に入れて公立小学校の入学希望先を選びたい場合は、転居の可能性も踏まえて、年中の時に参加しておくことをお勧めします。



同じ23区内でも、認可保育園の制度以上に、公立小学校や公立学童の中味や制度は違います。

働く母目線で避けるべき自治体は、

公立学童が充実していない区!

定員オーバーで入れない児童がいるような公立学童は、仮に学童に入れても、施設に比して児童数が多くて、快適度が低い可能性が高いです。

また、公立学童なのに、父母会活動が活発だったり、父母会活動もあるのに、利用料金が一万円近い区などは、(個人的には)避けたいと思ってしまいます💦

また、23区でも、上の子が小3までは、下の子の認可保育料が半額になる区、上の子が卒園したら、下の子の保育料が全額になる区など、様々です。

すでに入学希望先が決まっている場合は、2月くらいに開催される、入学説明会に行けば十分かもしれません。(秋の説明会にやたらと行く必要はありません。)

公立小学校、公立学童は、働く母にとって、仕事と家庭の両立の難易度を左右する社会インフラです。

この秋に、ぜひ色々と情報収集されてみて下さい。



☆お読みいただき、ありがとうございます☆
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村